MagX

MagXは車のスクープ情報誌、月刊「ニューモデルマガジンX」の公式ウェブサイトです。

[MX-201904]マガジンX 2019年4月号 ニューモデルマガジンX

  • NEW
  • オススメ
販売価格(税込) 650 円
電子書籍:
個数:

カゴに入れる

CXシリーズの新入り、まもなく公開 マツダクーペSUV
マレーシアクアラルンプールショー
スバルと決別してトヨタがマツダにも供給する 衝撃のミッドシップ・スポーツ
実は見どころ多し シカゴショー現地レポート
ついにテストカーが走ったあのクルマに似ている!? ヴィッツ改めヤリス
エンジン車を残しつつオール電動化モデルも レクサスEV計画
見せます!スイーツ由来の外板色グレード別の装備内容もキャッチ デイズ・ハイウェイスター
水素社会の到来を見据えて開発中 燃料電池ピックアップ
SCOOP写真テンコ盛り アキュラMDX /パジェロ・スポーツ /プジョー208 /アウディA1


-------------------------------------------------------------
A. スマートフォンで閲覧でEPUB形式
商品の特徴
・容量が軽いので、ダウンロードが容易となっております。
・拡大が2段階なので、文字が読みにくい場合がございます。

B. スマートフォンで閲覧でPDF形式で閲覧の場合(ファイルが4種類になります)
商品の特徴
・データが重いので、3ファイルに分割しております。
・ファイルのダウンロードにお時間がかかりますので、LAN環境推奨。
・指で拡大ができるので、細かな文字が読む事が可能です。

C. PCやiPad等のスマートフォン以外での閲覧の場合(PDF形式のみ)
商品の特徴
・画面の拡大が可能です。
・画面が大きいので、小さな文字も読みやすくなっております。
-------------------------------------------------------------
※雑誌の購入をご希望の方は『雑誌(紙)』を選択の上ご購入下さい。価格表記が併記されていますが、左が電子書籍、右が雑誌(紙)の「送料込み」の価格となります。

24時間を目安とし、お客様へ電子書籍のダウンロードURLを記したご案内メールを送付させていただきます。

※24時間以内はあくまでも目安となり、ご案内のメール送信が前後する場合が御座いますので予め
ご理解・ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

【ご注意!!】
■■Gメール/各携帯キャリアメールにてご案内メールの送信先をご登録戴いたお客様へ■■
近年、電子書籍ダウンロードを記したご案内メールを受け取れない等のお問い合せが御座います。
上記の症状としまして迷惑メールフィルタ設定/迷惑メールフォルダ等への振り分けが考えられます。
メールアドレスが「@mag-x.com」のメールアドレスにて送信されますので、
ご購入前に予め受信・フィルタリング設定をご確認戴きます様お願い申し上げます。

※2日間程経っても受信が確認出来ない場合はお問い合せ下さい。
電子書籍専用Gメールにて改めてご案内をお送りさせて戴きます。

トヨタが密かに準備しているCセグメントの新しいSUVはTjクルーザー市販版か

次世代のスープらも含めスポーツカー自社開発へ
2号連続でお伝えしたように、次 期 /BRZは年にプラットフォ ームなど主要コンポーネンツを現行モデルから流用して登場する。
しかし、現行モデルと違って短命に終わるようで、4年ほどでモデルライフに幕が下されるようだ。
だからこそシャシーなどをキャリーオーバーで 済ませるとも考えられる。
2020年代の半ばには3代目へとバトンタッチを果たすが、このタイミングでトヨタのスポーツカーづくりは独り立ちする。
どういう意味か。
はスバルと、GRスープラは BMWと手を組んでそれぞれ開発され、パワートレインやシャシーには提携相手の?カラー?が色濃く出ている。
だが、相手のいるスポーツカー開発は助走にすぎず、3代目以降のスポーツカーは生粋のトヨタ車として生み出される。
もっと具体的に述べると、スポーツカー専用シャシーをトヨタが自ら開発して実用化する。
しかも基本レイアウトとしてキャビン後方にパワートレインを搭載するミッドシップ方式が検討されているというから興味深い。
つまり、3代目も、気の早い話だが次期スープラも行く末はミッドシップ・スポ ーツへと進化する可能性がある。
ところで、年月の公表どおり、 トヨタは年頃までに全車種に電動 系モデルを設定する方針を固めている。
HV、PHV、EV、FCVなど、各車種のキャラクターやサイズに見合った環境対応車が設定される計画だ。
その中でダークホースとも言え る存在としてチェックしておきたいのが、ロータリーエンジン搭載のレンジエクステンダーだ。
発電役のロータリーエンジンは業務資本提携を 結んでいるマツダから供給される。
ここでマツダを持ち出したのは、 3代目にも同社が関係しそうだからだ。
前出のレンジエクステンダー技術が搭載できないか?といった検討も行われているが、そのものにマツダが食指を伸ばそうとしているとの情報もある。
ライトウェイト・ スポーツの火を消してはいけないとの使命の下、マツダはロードスターを自社で開発して作り続けているが、これよりも上位のスポーツカーを持ちたいとの思いもあるようだ。
しかし、独自開発&生産するにはコストが見合わないといった事情から OEM調達でも構わないと考えているフシがある。
そこへ降って湧いたのが3代目の話で、もしこれが調達できれば渡りに船だ。

今月号目次

目次