MagX

MagXは車のスクープ情報誌、月刊「ニューモデルマガジンX」の公式ウェブサイトです。

マガジンX 2018年6月号 ニューモデルマガジンX(紙版)

  • NEW
  • オススメ
販売価格(税込) 750 円
紙媒体:
個数:

カゴに入れる

横桟グリル採用でフォード顔に酷似!?WRCラリーでの健闘ぶりに気を良くしてヴィッツ改名
残価率の高い日産車はコレだ!
念願の増販なるか?コペンにGRスポーツ
快走するスバルを支え続けるべく次期レヴォーグ開発始動
徹底解剖でわかったバリエーション展開 NEWクラウン
19年デトロイトショーで発表 2度目のニュルアタック敢行 新生スープラ
6月25日搭乗するのはミラ・ココア後継車か ダイハツ新型K
エントリー価格引き下げで230万円以下のモデルも CH-R
V6ガソリンなどの搭載エンジン判明 ハイエース
ボディ前後をリフレッシュ ムラーノ

ヴィッツあらためヤリスはメッキ横桟グリル輝くフォード顔!?

コンパクトカー用のTNGAプラットフォーム完成を待って登場するヴィッツ後継車の次期ヤリスには新しいパワートレインや世界市場を見据えて国内外で差別化されるボディ寸法など、見逃せない話題が盛りだくさんだ。オリンピック開催前の発売に向けて水面下で進んでいる開発の一端を覗いてみよう。

すべてのエンジンを3気筒にリニューアル
 
18年のブランクを経て2017年にWRCラリーのフィールドに帰ってきたトヨタは、Bセグメント2BOXのヤリス(日本名ヴィッツ)で参戦している。よほど下準備が念入りに行われていたのか、デビュー戦で表彰台に上がり、第2戦で早々に優勝を果たしてカムバックを印象づけた。復帰2年目にあたる今年もフ
ォード・フィエスタやシトロエンC3、ヒュンダイi20との戦いを繰り広げている。
 ラリーで健闘しているこのイメージを市販車に結びつけて販売増を図りたいトヨタは、次のモデルチェンジでヴィッツの名称を引っ込めて国内でもヤリスのネーミングを起用する。全世界で名称を統一すればプロモーションが行いやすくなることは想像に難くない。

今月号目次

目次