MagX

MagXは車のスクープ情報誌、月刊「ニューモデルマガジンX」の公式ウェブサイトです。

マガジンX 2018年11月号 ニューモデルマガジンX(紙版)

  • NEW
  • オススメ
販売価格(税込) 750 円
紙媒体:
個数:

カゴに入れる

使いやすかった初代CR-Vの再来!?次期ヴェゼルに派生車 シンプルで飽きの来ないシルエットまとう
スープラ限界超えてクラッシュ
日本市場は大丈夫か!?BRZ一代限りで国内撤退 2019年エスティマ生産終了
総力取材 モスクワモーターショー
水平コンビランプ採用で後ろ姿はまるで”ミニ・ハリアー”!?ヴィッツあらためヤリス
ついに3ナンバー化ワイドボディを激写 カローラ・アクシオ
今度は内装色の選択肢が増える C-HR
メルセデスベンツの人気モデル一新 新型Aクラスは322万円から
ビッグチェンジでボディ側面も手直し 三菱トライトン
話題のNEWモデルに市場 フォレスター/ボルボV60/センチュリー

クラスアップ図る2代目ヴェゼルに派生車発覚

スタイリッシュなCMも手伝って大ヒットしたヴェゼル。その2代目がデビューに向けて開発されている。さらに、拡大するSUV需要を見込んでホンダが同クラスの派生車を準備しているとの情報も得た。同社が企てるSUV戦略の全容を予想する。

年度内に直4ターボ追加現行モデルまだまだ続投

 次期ヴェゼル、すでに開発佳境入りか――そんな予想をかき立てるナマ写真が北米から届いた。一見しただけでは日系ブランドなのかどうかさえ予想しづらいこの無国籍なクルマは、ホンダが開発している1台だという。国内で大ヒットして成功を収めたヴェゼルも、気づけば登場からまもなく5年。モデルチェンジの準備が進んでいてもおかしくはない。
 しかし、一方で「世代交代はまだ先なのでは?」と見る向きもある。
なぜなら、今年度中に1.5Lターボの追加が予定されているから。現行モデルのバリエーション拡充は、まだまだ現役として販売されることを意味する。

今月号目次

目次