MagX

MagXは車のスクープ情報誌、月刊「ニューモデルマガジンX」の公式ウェブサイトです。

マガジンX 2017年12月号 ニューモデルマガジンX(紙版)

  • NEW
  • オススメ
販売価格(税込) 750 円
紙媒体:
個数:

カゴに入れる

6代目も同じサブネーム継承 ミニバン界で一番硬派なアイツが変わる 三菱デリカD:5
V6ツインターボHV搭載 驚きの1000psオーバー 1億円超のトヨタGRミッドシップ・スポーツ
次期クラウンやスペーシアも見参 東京ショー出品車カタログ
ホンダ狭山工場閉鎖の波紋
Fブランド誕生10周年 カーボンパーツで武装 レクサスRC-F
デビュー前に詳細キャッチ セレナNISMO
ツートンカラーでプレミアム感演出 プリウス20周年記念車
セーフティセンスP搭載でNV350キャラバンに対抗 ハイエース
2Lハイブリッドも設定 時期オーリス
日本勢が投入を焦る 中国EV事情

システム出力1000ps超のミッドシップ4WDスポーツ by トヨタGAZOOレーシング

2年後の東京ショーでワールドプレミア

 いずれは世界に通用する専用プラットフォームのピュアスポーツを送り出したい―9月19日に開催されたGRブランド発表会の席上で、トヨタGAZOOレーシングカンパニーの友山茂樹プレジデントは、このように将来の夢を語った。
 「夢を見るのも悪くない。いつか、そんな日が来たらいいね」と冷ややかな目で見ちゃいけない。すでに同カンパニーではプロジェクト・チームが結成されて開発が立ち上がっているのだ。
 2020年のデビューをめざしてGAZOOレーシングが手がけていくスーパースポーツはレクサスLFAの後継車も兼ねるが、次元の違うクルマが想定されている。ボディはカーボンモノコックで、キャビン後方にパワートレインが配されるミッドシップ方式を採用。そのエンジンベイに収まるのはV6ツインターボ
で、LFAに使われたV10ユニットとは全く異なる動力源が用いられる。排気量は3・5L?4L程度か。

今月号目次

目次