MagX

MagXは車のスクープ情報誌、月刊「ニューモデルマガジンX」の公式ウェブサイトです。

マガジンX 2018年1月号 ニューモデルマガジンX(紙版)

  • NEW
  • オススメ
販売価格(税込) 750 円
紙媒体:
個数:

カゴに入れる

GS後継車として日本にも投入 カムリに続くトヨタの「セダン復権」モデル レクサスES
EyeSight自主開発修了
スカイアクティブX搭載して19年デビュー NEWアクセラ
新春商談会に備えて年内に前倒し発表 アルファード/ヴェルファイア
あの人のために(?)社内で製作が始まったセンチュリーGR
DNGAユニット採用車・第1弾 次期タント
1年後の発売に向けて開発進行中 レクサスUX
マイナーチェンジで値上げ スカイライン
ゴルフやインプレッサを追撃 カローラSPORT
整備費用の返金も始まった 日産検査不正問題

スバルEyeSight、モービルアイ製に鞍替え

JNCAP成績とコスト優先で自社開発事実上の終了へ

リアルワールドと公的試験 より重視するのはどっち?

衝突被害軽減ブレーキの分野で先鞭をつけて高い知名度を誇っているスバルのEyeSightが曲がり角に来ている。99年に前身のADA(アクティブ・ドライビング・アシスト) をステレオカメラで実現して以来、同社は18年にわたって市販車に使い続けており、その間に精度を上げるなど熟成を図ってきた。いまでも逆光や霧に弱いといった弱点はあるものの、基礎研究まで含めると軽く25年以上も取り組んで蓄積してきたノウハウを持っており、「EyeSightを
ください」と言ってディーラーを訪れるユーザーが存在する逸話も聞くと、積み上げてきたものが小さくないことが実感できる。

今月号目次

目次