MagX

MagXは車のスクープ情報誌、月刊「ニューモデルマガジンX」の公式ウェブサイトです。

マガジンX 2018年2月号 ニューモデルマガジンX(紙版)

  • NEW
  • オススメ
販売価格(税込) 750 円
紙媒体:
個数:

カゴに入れる

日産ジューク 特徴的な丸目マスク踏襲なるか コンパクトSUVブームの火付け役、2代目へ
増ページ保存版レポート LAショー&広州ショー
ニュルでキャッチ マツダRX-9開発始動
LC-Fから投入 4L V8ツインターボ
詳細をいち早くチェック エントリー価格178万円 クロスビー
確定ボディで公道テスト開始 カローラSPORT
ライトバン初の本格ハイブリッドカー プロボックス/サクシードHV
15万円以上も値下げ!!本日発表!価格早出し アルファード/ヴェルファイア
アベンシス後継車として投入か 欧州向けカムリ
作業工賃1台あたり1万7000円 スバル検査不正問題

LCから始まる新世代 轟け!新開発4L V8ツインターボ

メルセデスベンツのAMGやBMWのMをライバル視するレクサスのスポーツブランドが「F」だ。富士スピードウェイの頭文字に由来する同シリーズには現在V8・NAエンジンが採用されているが、21年から展開される次世代モデルではダウンサイジング過給が取り入れられる。

重量増加を避けるためにFR方式のまま高性能化

 プレミアム・ブランドに欠かせないのが、この上ないパフォーマンスとゴージャスな雰囲気が味わえるスポーツモデルの存在だ。海外勢を見渡せばメルセデスベンツはAMG、BMWはM、ボルボはポールスターといった具合に専用ブランドを掲げて標準車とは毛色が違うシリーズであることを訴求している。

 日本生まれのプレミアムカーはどうか。国内では展開されていないが、インフィニティは「RED ? SPORT」と称して最高出力400hpを発生する3L V6ツインターボ搭載車を展開し始めた。強化ブレーキやカーボンファイバーの内装フィニッシャーが用いられて差別化が図られているものの、前出の欧州系スポーツ・ブランドほど?ぶっ飛んだ?内容ではない。

今月号目次

目次