MagX

MagXは車のスクープ情報誌、月刊「ニューモデルマガジンX」の公式ウェブサイトです。

マガジンX 2018年5月号 ニューモデルマガジンX(紙版)

  • NEW
  • オススメ
販売価格(税込) 750 円
紙媒体:
個数:

カゴに入れる

ダイハツDNGAタント 次世代シャシー待って2019年までお預け
”やっちまったプリウス”大整形
ロイヤルとアスリートの名称を廃止 NEWクラウン全13色選び放題
待望のGRスープラ登場!ジュネーヴショー
本誌独占 ナマ撮りに成功 セミキャブ・フォルムのハイエース
モデューロX追加&新ボディカラー投入S660
5LV8ハイブリッド搭載でカタログ燃費13.6km/L センチュリー
SUVの三菱にこそハスラー対抗車開発を期待 eKクロスオーバー
デカキャビンとハイルーフのスーパーキャリイ
ユーザーが赤裸々に語る 2代目リーフの〇と×

アクの強すぎる プリウス PHV似へと大幅リニューアル

個性を求めすぎたあまり、デザインに対する否定的な声も聞かれるプリウスが登場後3年を契機に大きく変更される。マイナーチェンジではエクステリア前後が手直しされ「こっちのほうがいい」と好評を博しているPHVバージョンに似たルックスへと変わる。

PHVと同じにはできないジレンマ

 販売現場からも困惑の声が挙がった現行プリウスのチャレンジングなデザイン。良好な燃費を実現する要素として空力特性は無視できないため、プリウスにとって流線形のシルエットは捨てられないアイデンティティだ。となると、なおさらディテールで新鮮味を追求せざるを得なくなり、その結果として現行4代目のデザインが生み出された。

かたや、トヨタには先代モデルで失敗したPHVの差別化という大きな課題ものしかかり、その点からも本家プリウスをPHVとは異なる独自のデザインに仕立てなければならない必須条件があった。先代は細部のデザインまで同一だったこともあり、市場では「価格の高いPHVを買ったのにベースのプリウスと見た目が同じ」といった不満も生じた。
それを受けて現行PHVはボディ前後が専用設計で作り分けられた。

今月号目次

目次