[MX-201711]マガジンX 2017年11月号 ニューモデルマガジンX

WEC参戦マシンがモチーフ 86派生ハイブリッド 出品確定!トヨタ・ブースで必ず会える
マツダの次世代デザインとは?
総力特集 懐かしの歴史、確定ブース配置図、出品車予想、アクセスガイドなど 読者プレゼントでチケットを当てて 東京モーターショーに行こう!
ヨーロッパ先行公開に向けて走り込み続ける ジムニーシエラ
V8ハイブリッドに鞍替え センチュリー
発表48時間前に禁断のナマ撮り ステップワゴンHV
日本向け存続なるか?次期ティアナ
3列目シートが見えた レクサスRXロング
11月21日デビュー予定 ヴィッツGRMN
どうなる?2018年モデル エスクード、ジェイドetc

-------------------------------------------------------------
A. スマートフォンで閲覧でEPUB形式
商品の特徴
・容量が軽いので、ダウンロードが容易となっております。
・拡大が2段階なので、文字が読みにくい場合がございます。

B. スマートフォンで閲覧でPDF形式で閲覧の場合(ファイルが4種類になります)
商品の特徴
・データが重いので、3ファイルに分割しております。
・ファイルのダウンロードにお時間がかかりますので、LAN環境推奨。
・指で拡大ができるので、細かな文字が読む事が可能です。

C. PCやiPad等のスマートフォン以外での閲覧の場合(PDF形式のみ)
商品の特徴
・画面の拡大が可能です。
・画面が大きいので、小さな文字も読みやすくなっております。
-------------------------------------------------------------
※雑誌の購入をご希望の方は『雑誌(紙)』を選択の上ご購入下さい。

24時間を目安とし、お客様へ電子書籍のダウンロードURLを記したご案内メールを送付させていただきます。

※24時間以内はあくまでも目安となり、ご案内のメール送信が前後する場合が御座いますので予め
ご理解・ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

【ご注意!!】
■■Gメール/各携帯キャリアメールにてご案内メールの送信先をご登録戴いたお客様へ■■
近年、電子書籍ダウンロードを記したご案内メールを受け取れない等のお問い合せが御座います。
上記の症状としまして迷惑メールフィルタ設定/迷惑メールフォルダ等への振り分けが考えられます。
メールアドレスが「@mag-x.com」のメールアドレスにて送信されますので、
ご購入前に予め受信・フィルタリング設定をご確認戴きます様お願い申し上げます。

※2日間程経っても受信が確認出来ない場合はお問い合せ下さい。
電子書籍専用Gメールにて改めてご案内をお送りさせて戴きます。


  • NEW
  • オススメ
商品コード:
販売価格(税込) 650 円
関連カテゴリ:

マガジンX 各月号

商品
機種
個  数

カゴに入れる

トヨタ・ブースの目玉は86ベースのスポーツHVです

本誌恒例のバーチャル訪問記で会場へワープ

東京ビッグサイトでモーターショーが開催されるようになってから、2回目の西ホール出展となるトヨタ。
ステージ上でスピーチしている豊田章男・社長の背後に展示されているのは、トヨタ・ブースで新型センチュリーや次期クラウンのスタディモデルと並んで、いや、それ以上に注目したいスペシャリティ・クーペのコンセプトカー、その名も「スポーツ・ハイブリッド・コンセプト」だ。
 どことなく86の面影が垣間見えるが、それもそのはず。このコンセプトカーは86をベースに製作されたクルマだからね。前後フェンダーが大胆に拡幅され、ミッドシップでもないのに、なぜかリアフェンダーに大きなエアインテークが設けられているのは愛嬌か(笑)。
 透明カバーで覆われた丸いヘッドランプはレトロ調にも見えるが、これはWEC(FIA世界耐久選手権)で活躍しているTS050にヒントを得て与えられたらしい。尾根状に盛り上がったフロントフェンダー、中央で分割された横長インテークもTS050を連想させるディテールとして目を引く。極めつけはホイールで、ここもTS050に似せてあるようだ。

今月号目次

目次

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む